幽遊白書の漫画全巻を電子書籍で安く読む方法!まとめ買いがおすすめ

幽遊白書
引用元:集英社

本記事では、幽遊白書の単行本を全巻まとめて読むには”どの方法・どのサイト”を利用すれば一番安くなるか、について紹介します 。

1990年から1994年まで”週刊少年ジャンプ”(集英社)にて連載された、オカルトバトル漫画『幽☆遊☆白書』。

連載当時は一大ブームを巻き起こし、テレビアニメ化・劇場版アニメ・舞台化・ゲーム関連等、幅広く展開された超人気作です!

管理人

マンガ『幽遊白書』全巻を完全に無料で読めるサイト・アプリを探してみましたが、残念ながらありませんでした。

そこで今回は、一番安く・お得に『幽遊白書』の単行本を読むことが出来て、購入したマンガがきちんと手元に残り安心して利用できる”電子書籍サイト”を紹介します。

ブックオフなどのリサイクルで手に入れるよりも、はるかに安く購入可♪ぜひ参考にしてくださいね☆

今ならこれが一番オススメ!

【Amebaマンガなら】
  • サイバーエージェントが運営するサイトなので安全
  • 無料会員登録するだけで漫画の購入ができる(月額料金等必要なし)
  • 今だけ100冊まで40%OFFで購入できる
目次

漫画『幽遊白書』は全巻何巻まで?まとめ買いするなら電子書籍が安い!

漫画『幽遊白書』の単行本は何巻までで全巻購入する値段はいくら?

従来の紙の単行本を書店等で購入するとなると、以下の価格になります。

紙の単行本の価格(1冊あたり税込)
1巻~19巻(完結) 484円
合計 9,196円

漫画「幽遊白書」の単行本コミックスは全19巻で、単行本コミックスを書店で全巻(1~19巻)まとめ買いするとなると、値段は合計9,196円(税込)になります。

漫画『幽遊白書』の全巻買うなら単行本より電子書籍がお得

ですが、例えば【Amebaマンガ】なら、ただいま”新規登録者はマンガどれでも100冊まで40%OFF”キャンペーン実施中!

買いたいマンガ全巻を40%OFFで購入することもできるのです!

ほかにも、一般的に「紙の単行本」ではなく「電子書籍」で購入すると、以下のようなメリットがあります。

電子マンガのメリット
  • 電子マンガの方が紙の本より安いことが多い
  • キャンペーンを利用するともっと安く買える
  • 在庫切れがなく、ネットで買ってすぐ読める
  • 本屋にないような昔のマンガでも購入できる
  • 購入前に試し読みができる本が多い
  • 本を置くスペース(保管場所)がいらない
  • スマホにダウンロードすれば持ち運びが非常に楽ちん

電子書籍はほとんどの場合、書店で紙の本を購入するよりも安く価格設定されていることが多いです。だいたい1冊数十円レベルで安くなっていますので、それが十数冊、数十冊とまとまってくるとかなりお得に買えることになります。

また、電子書籍サイト・アプリではキャンペーンがたくさん開催されますので、従来の紙の単行本では難しい「値引き価格」での購入が可能になります。

加えて、人気の高いマンガの新刊を書店で購入しようとすると、発売と同時にすぐに売り切れてしまったりしますが、電子マンガの販売はデータのやりとりですので、在庫切れが起こりません

電子書籍ストアの中には、種類が豊富で600万冊以上の電子書籍があるストアも存在しますので、書店店頭には無いような少し昔のマンガも手に入れられる可能性が高いです。

電子マンガを電子書籍リーダーやスマホ・タブレットにダウンロードしておけば、「全巻〇〇冊」にも及ぶような大作マンガも、スマホ一つで簡単に持ち運ぶことが出来ます

ネット環境が良くない地下鉄の電車の中などでも、まったくストレスなくサクサク読むことが出来、スマホのデータ容量におびえる必要もありませんし、紙の本のように収納場所にも困らなくてすむのです。

漫画『幽遊白書』全巻を1番安く読める電子書籍サービス・アプリまとめ

そこで、

  • 世間的に知名度がある
  • 運営会社がしっかりしていて安心して利用できる(大手企業が運営・サービスに歴史がある)
  • 利用者が多い
  • 登録が無料
  • 月額コースなどを契約しなくても、欲しいマンガだけ単独で購入することが出来る

上記のような電子書籍サイト数社をピックアップし、電子漫画をまとめ買いするにはどのサービスがオススメか、またそれぞれのサービスのオススメポイントを一覧にしてみました。

電子書籍サイト オススメ度 オススメポイント



マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン配付中

オススメ


”6回までの購入”が半額に
(1回最大割引500円まで)

〇



・1冊70%OFF
月額メニュー登録で登録分のポイントが後日返ってくる

〇


・まとめ買いするほど還元率UP
・最大50%還元

〇


お得なSALEキャンペーンNo. 1

〇

31日間無料トライアル
初回600円分無料
110誌以上の雑誌が読み放題

上記の表のように、マンガをまとめ買いするなら”マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン”を使って、40%OFFで購入できる【Amebaマンガ】が一番お得です!

今ならこれが一番オススメ!

Amebaマンガで全巻まとめ買いする方法

Amebaマンガの特徴
会員登録 無料
新規登録特典 マンガどれでも100冊まで40%OFF
無料マンガ ・無料マンガは4000冊以上毎日更新
・無料連載も3万話以上
品ぞろえ 国内外250社以上が提供する、様々なジャンルの名作から新作まで40万冊以上
決済方法 コイン(Amebaのサービスで利用)
マンガコイン(Amebaマンガ専用)
クレジットカード
キャリア決済(携帯ID連携)
PayPay
LINE Pay
ダウンロード 専用アプリ使用で可能
運営会社 (株)サイバーエージェント


【Amebaマンガ】は、アメブロ・ABEMA(旧称AbemaTV)などで有名な、(株)サイバーエージェントが提供している”国内最大級の電子コミックサービス”

話題のヒット作から懐かしの名作まで、250社以上のコンテンツ提供元より、20万冊の電子コミックを取揃える漫画サービスで、以前は【読書のお時間です】というストア名で運営されていました。

2013年9月より電子書籍ストアサービスを開始して、現在は会員数480万人を突破、常時1500冊以上の無料漫画や、毎日新しい話が無料で読める無料連載で、気軽にマンガを楽しめます。

ただいま実施中の”マンガどれでも100冊まで40%OFFで購入可!”特典を使用すると、今回の購入即座に適用されて、40%OFFでまとめ買いすることができます。

今回の「100冊まで40%OFFキャンペーン」は、新規ユーザーに配布されるシステムになります。 ただこのキャンペーンは、いつ終了するかほんとに分かりません。。。

キャンペーンが終わってしまうと、一気に総額が高くなってしまいます。ぜひお急ぎください!

今やマンガは自分のスマホに持ち歩く時代。

【Amebaマンガ】ならスマホにマンガをダウンロードできますので、オフライン環境でも通信料を心配する必要がなく、サクサク読むことが出来ます♪

ぜひこの機会に【Amebaマンガ】で大人買いしてくださいね!

今回の”マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン”を使う際は、いったんクレジットカードなどを使って”マンガコイン”を購入し、そのマンガコインで支払うことになります。

もちろん、マンガコインを定期的に購入する”月額プラン”に入る必要はなく、必要なマンガコインを都度購入して支払う”コインチャージ”だけで大丈夫!

もし今後も【Amebaマンガ】の利用を考えている場合は、プレゼントポイントが多くもらえる”月額プラン”もぜひ検討してみてください♪

ebookjapanで全巻まとめ買いする方法

ebookjapan
ebookjapanの特徴
会員登録 無料
新規登録特典 期間限定で”6回までの購入”が”50%OFF”(最大割引500円まで)
無料マンガ 常時2,800冊を超える無料マンガ
品ぞろえ マンガを中心に80万冊超え(ほとんどがマンガ)
決済方法 Yahoo!ウォレット
クレジットカード
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い
auかんたん決済
ドコモ払い
PayPay残高
Tポイント
クーポン利用
BitCash
WebMoney
ダウンロード 専用アプリ使用で可能
運営会社 イーブックイニシアティブジャパン&ヤフー株式会社


【ebookjapan】は、ヤフー株式会社のグループである(株)イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍サイト&アプリ。

名の知れた大手出版社系の人気漫画・名作漫画が大量に取り揃っていることで有名で、マンガだけでなく書籍も配信していますが、基本的にはマンガの取り扱いを主にしている印象です。

ただいま実施中の「新規登録の特典」は”6回までの購入が50%OFF(最大割引500円まで)”になるというもの。

まとめ買いする際に、6回に分けて購入すれば、その購入毎に対して”最大500円までは半額値引き”してくれます。

ですので、クーポンを最大限利用すると「500×6=3,000円」分もお得にまとめ買いすることが出来るのです。

ebookjapan】も楽しく利用できる電子書籍サイト&アプリです。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

まんが王国で全巻まとめ買いする方法

まんが王国の特徴
会員登録 無料
無料マンガ 3,000冊を超える無料マンガ
品ぞろえ 約110,000作品
決済方法 クレジットカード
ソフトバンクまとめて支払い
auかんたん決済
ドコモ払い
ダウンロード 専用アプリ使用で可能
運営会社 株式会社ビーグリー


【まんが王国】は、東証一部上場会社の株式会社ビーグリーが運営する電子書籍サイト&アプリ。最新作から過去の名作まで幅広く網羅し、110,000以上の漫画作品を取り扱う、大手のマンガ専門サイトになります。

【まんが王国】の一番のおすすめポイントは、なんといっても”ポイント還元率”が他サイトに比べて非常に高い点!

漫画購入時、ポイント購入時、どちらも還元率が高く、まとめ買いキャンペーンなども利用すれば、非常にお得にマンガを購入することが出来ます。

割と頻繁に、お得感満載なキャンペーン「最大80%還元が可能なお得爆発DAY」も実施されますので、利用しない手はありません!

また、サイトにアクセスすると来店ポイントが貯められます。コツコツとポイントを貯めておけば、次巻の購入時にポイントを使って安く買うことも可能です。長期的にサービスを利用したい方は特にまんが王国がおすすめです。

まんが王国】も楽しく利用できる電子書籍サイト&アプリです。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

漫画『幽遊白書』全巻のあらすじ・感想

発行巻数 全19巻
出版社 / 連載雑誌 集英社 / 週刊少年ジャンプ
連載期間 1990年~1994年
著者 冨樫義博
外部リンク 公式サイト|Wikipedia
メディア化 【テレビアニメ】
1992-5年 全122話
【劇場版アニメ】
1993年 第1作目
1994年 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆(第2作目)
他、舞台・ゲーム・グッズ展開等

漫画『幽遊白書』の全巻あらすじ

浦飯幽助(14)性格悪し。どうやら、小さな子供をかばって、トラックにはねられ死んでしまったようだ。空に浮かぶ幽助の目下には、血塗れで救急車に運ばれていく自分の肉体と、かすり傷程度で済んでいる子供。

‥‥といきなり納得するのも正直しんどい。今日は一体何があったんだっけ?

そうだ、今日は10日ぶりくらいに学校にいって、先生に偏見の目で見られ、同級生には馬鹿にされ、むかついて大暴れして結局すぐに帰宅したんだった。

もちろんそんな幽助にも、臆することなく突っかかってくる幼稚園からの腐れ縁の雪村螢子(ゆきむら けいこ)や、幽助の本質を分かった上で指導してくる竹中(先生)もいるにはいたが。

家には寝起きの母親がコーヒーいれろとせがんでくる。学校だってただじゃないから行かないならヤメロと説教まがいのことをいわれ、結局また外へ。

道を歩けば「打倒・浦飯幽助」を掲げた桑原ひきいるグループに因縁をふっかけられる。もちろん軽くボコボコにし、そのあと子供に会ったのだった。その子はボールを持っていて、転がるボールを追いかけて車道に飛び出した子供を突き飛ばして‥‥

そして死んだのか。ということは俺はまさか幽霊ってやつ‥‥?「ピンポンピンポーーン♪意外とものわかりが早いわね」突如、櫂(カイ)に乗り着物を着た女の子が幽助の背後に現れた。

「あたしは三途の川の水先案内人ぼたんちゃんよ。西洋で言うところの死神ってやつかな。ヨロシクね」と可愛い笑顔で言う。とりあえずガンを飛ばす幽助。するとそのぼたんはとんでもないことを言い出した。

「あたしはあんたを地獄に連れに来たんじゃない。生き返るための試験を受けるかどうかを聞きに来たんだよ」

漫画『幽遊白書』の感想・口コミ

30代男性

幽遊白書はハンターハンターの作者の前作になります。とりあえず、ハンターハンターが好きな方なら読んで間違いなしの作品です。本来死ぬはずでなかった少年が人助けをして死んでしまい、生き返るために試練を受けたり、霊界探偵として働くところから物語は始まります。ストーリーは王道バトル漫画でありながら、各所に少しダークなテイストがあり、普通の少年漫画とは一味違う作風です。私はこの作品の中では蔵馬が一番好きで、当時とてもハマっていました。彼はメンバーの中で唯一と言っていいほど頭がよく、所作や言動もかっこいいので、私のように彼が好きだった人は多いのではないでしょうか。仲間の中でも彼だけは主人公と戦っておらず、目的を果たしたら戦う必要はないと言い切れるクレバーさも魅力です。蔵馬は妖狐の転生体で、前世は盗賊だったのですが、普通のマンガだと妖狐からの狐火や、盗賊からのスティールなどの能力を使わせてしまいそうですが、幽遊白書ではそうはしなかったところもポイントです。彼は戦う時に植物を使うのですが、これも当時目新しい能力で、特にバラで戦うのは絵的にも美しく、少し気障にも感じるほどでした。他にも魅力的なキャラクターがたくさんいて、中でも飛影は蔵馬と女子人気を2分するほどの人気キャラで、そんな彼らが大活躍する幽遊白書はとてもおもしろい作品と言いきっていいと思います。

40代男性

漫画もアニメも見た事があります。漫画に関しては当時、何度も読み返した記憶があります。それくらいまた読みたいなと思える作品でした。物語の序盤は正直にいうとどこかで読んだ事があるような内容ですがストーリーが進むにつれ個性的な登場人物が増えそれぞれのキャラクターが魅力的です。人間界、霊界、魔界などの世界観の設定も丁寧に作られていてそれぞれの世界でのルールみたいなものが存在しています。その架空の設定の中に何故だか説得力みたいなものを感じていました。世界観を丁寧に作られているからこそだと思います。物語中盤くらいからは格闘漫画路線が少し強めになってきますが妖怪それぞれのバックグラウンドストーリーもしっかり描かれているので敵役ながらその妖怪に同情できる部分が出てきたり人生観みたいなものに触れる事によってその妖怪のファンになってしまう事もあります。全体的にはもちろん少年漫画なので「正義は勝つ」みたいなストーリー展開ですが人間界、霊界、魔界それぞれに貫きたい正義がありその正義にそれぞれの説得力を感じられ単純に優劣をつけない物語の作りが子供時代に読んでいてすごく考えさせられた記憶があります。この作品は極端な表現ではありますがそれぞれの世界の多様性を認めお互い過度に干渉する事なく尊重しあうことで共存を目指す。最終巻を読み終える頃にはそんな感情を持った作品でした。

30代男性

おすすめポイント①
•必殺技がどのバトル漫画よりかっこいい!
キャラそれぞれに個性的な能力があり、そこから生まれる必殺技は厨二心をくすぐります!ネーミングセンスも抜群なので、小学生の頃はよく技名を叫んでいました。特に主要メンバーの飛影と蔵馬の技名は富樫先生のセンスを感じますよね!

おすすめポイント②
•画力の高さ
物語初期こそ丸みを帯びた柔らかいイメージの画風ですが、中盤以降からゾクっとするような画力を見せつけられます。若干ネタバレですが私が印象に残っているのは、戸愚呂弟が遊助に対して「おまえもしかしてまだ自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」というシーンと、魔神化した遊助が歩いてくるシーンの2つはつい目を奪われます。

おすすめポイント③
•練り込まれた設定
現在連載中のハンターハンターでもその特徴がよく見られますが、幽遊白書でも色々な面で深く設定が練り込まれています。例えばキャラの能力の特徴や条件、キャラの生い立ちの背景や他キャラとの関係性などそういった設定をわかっているからこそ、何気ないセリフやシーンにも深い意味を持たせています。バトル漫画らしくテンポ良く読み進められるシーンも多いですが、設定を理解するためにじっくり読むシーンもあるなどとてもバランスの良い作品です。

最後に
私のバトル漫画ベスト3に入る作品です。
読んで後悔はありません!!

40代男性

幽遊白書は1990年から1994年まで週刊少年ジャンプで連載されていました。連載初期は主人公の浦飯幽助がとあることで死んでしまった自分を生き返らせるために徳を積んでいくハートウォーミングなストーリー展開でしたが、生き返った後は霊界探偵となり、だんだんと少年ジャンプ特有のバトル物としての変化していきました。ところがこの幽遊白書、連載が続いて行くうちに当初の明るかった作風が変化していきます。その予感は、「暗黒武術会編」あたりから出ていたのですが、仙水編にいたり、だんだんと作者が持っているダークなものが作風に滲み出てくるようになりました。ただ、自分として幽遊白書が一番好きだったのが仙水編の頃でした。この頃、富樫氏はかなり精神的に追い詰められていたらしく絵がカオスです。なにか、ぐちゃぐちゃっとした感情のようなものがマンガの絵に感じられるのですが、この頃は幽遊白書を連載してからの富樫氏のマンガを描く力がピークの時であり、そのぐちゃぐちゃしたものが内包されて描かれた絵とストーリーには何か美しさがありました。ただ、その美しさの代償で燃え尽きてしまったのか、その後はあっけなく連載が終了してしまいました。とはいえ、それもこの作品らしい終わりだったのかもしれません。あっけなく終わってはしまいましたが、そのあっけなさが、この作品の思い出を美しいままにしてくれているような気がします。

30代女性

冨樫先生の作品で1番何回も読んだ漫画です。当時の週刊誌漫画によくある話の途中でバトル漫画へとぐりぃー。っと無理やり変化させてあるんですが、最初の探偵っぽい所もバトル漫画になってからもどちらも楽しめます。私が1番好きなのは仙水編です。他の所も好きですが、、笑
それまではゴリ押しのバトル漫画だったのが異能要素が加えられた点、これまで最強としてずっと君臨していた戸愚呂を遥かに凌ぐ男が人間だった点、そして戦いの終盤に魔界に入って雷禅にちょっかいを出されて馬鹿強くなる遊助、世間的にはあんまり評価が高くないらしいですが、私にとっては最高のシーンばかりです。でもその中でやっぱり1番好きなのは仙水とイツキの最後です。2人の奇妙な出会いから、妖怪と人間という種族の違いを超越した関係に震えた記憶があります。後1番嫌いだった戸愚呂兄が蔵馬にやられる所も個人的にはナイスでした。死なない戸愚呂兄の倒し方として、殺すよりも無惨な方法を選択する蔵馬の非常さがかっこよかったです。唯一仙水編で残念だったのは飛影ですね。魔界に行ってからはカッコ良かったですが、それまでが微妙すぎました。特に海道に瞬殺された時はこの役は飛影にやらせないでほしいって思いました。仙水編以外も最高に面白いので是非皆さんも読んでください。

40代女性

いきなり主人公が死亡スタートというところが斬新過ぎますが、幽助の不良ゆえに無鉄砲で、自分の保身など考えずにガンガン進んでいくところがカッコいいです。そして、自分のためではなく、大切な人を守るためにどんどん強くなっていくところも、王道のヒーロー感があります。幽助が蘇生してからは、不良の学園ものという枠を超えて、どんどん人外キャラとの関わりも増えていきますが、バトル漫画へのシフトの仕方がすごくナチュラルで、どんどん続きが気になってしまいます。一番特徴的なのは、最初は敵対関係にいた相手も、段々と幽助に懐柔されて、いつのまにか彼に一目置いてしまうところだと思います。それが最も良く現れているのは、元々はひたすら残忍な性格だった飛影の心境の変化だと思います。彼はとにかく自分の利益のためには手段を選ばず、相手を殺すことに何の躊躇もない、典型的な嫌われ者という印象でした。でも、幽助のいい意味で空気を読まない自由奔放さに感化されて、どんどん心の棘が取れていきます。その結果、妖怪なのに人間臭さや深みが出て来て、主人公を喰うくらいの存在感と人気を獲得しました。こういうケースは、少年漫画ではあまりないと思うので、ストーリー的には邪道だけど、それゆえに名作だと言えると思います。

漫画『幽遊白書』の全巻セットを電子書籍で安く読む方法まとめ

残念ながら「全巻無料」で読める合法的なサイトはありませんでしたが、紙の単行本を書店で購入するよりも電子書籍のほうが断然お得!!

なかでもマンガをまとめ買いするなら、”マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン”最大40%OFFにて購入できる【Amebaマンガ】正直めちゃくちゃお得です!

ぜひこの機会に、ご自分のライフスタイルにあった電子書籍サイト・アプリを使って、ワクワクする漫画ライフを楽しんでくださいね♪

電子書籍サイト オススメ度 オススメポイント



マンガどれでも100冊まで40%OFFクーポン配付中

オススメ


”6回までの購入”が半額
(1回割引500円まで)
〇


・まとめ買いするほど還元率UP
・最大50%還元

今ならこれが一番オススメ!

目次
閉じる